企業業績メモ ファーストリテイリング

ファーストリテイリングはユニクロなどを傘下に持つ持株会社です。
売上高では、世界的にインデックス(ZARA)、H&Mの次で3位です。

メモ 過去5年の売上高と当期利益と2022.8予想
国内事業と海外事業
配当の方針

過去5年の売上高と当期利益と2022.8予想

  2017.8 2018.8 2019.8 2020.8 2021.8 2022.8
売上高 1,861,917 2,130,060 2,290,548 2,008,846 2,132,992 2,200,000
当期利益 119,280 154,811 162,578 90,357 169,847 175,000

単位は百万円

2020年はコロナでしたが在宅需要向けの商品や秋冬商品の販売が好調でした。
2021年(2022.8予想)の売上高と当期利益は前年より増加となっています。

 

国内事業と海外事業

国内ユニクロ事業はコロナの影響を感じさせません。

 

ユニクロの店舗数は、日本国内より海外の方が多いです。

 

配当の方針

2021/8月は、年間配当額は1株あたり480円です。

100株持っていた場合48,000円になります。

2021年8月の配当性向は、28.9%でした。
これは利益の28.9%を配当にあてるということです。

https://www.fastretailing.com/jp/ir/financial/

関連の記事

企業業績メモ 花王

△上に戻る