AWS EC2のEBSのボリュームを拡張する(Windows)

AWSのEC2のEBSのボリュームを拡張するサンプルです。(Windows2012)

目次

サンプル 概要
AWSコンソールからEBSを拡張する
Windowsサーバにログインしてツールで確認する

概要

  • 最初にAWSコンソールからEC2のEBSを拡張します。
  • 次にWindowsにログインして拡張のコマンドを入力します。

 

AWSコンソールからEBSを拡張する

1.EC2のインタンスの一覧からインスタンスIDのリンクをクリックします。

 

2.ストレージタブをクリックしボリュームIDのリンクをクリックします。

ボリュームサイズは、30(GiB)になっています。

 

3.ボリュームIDの一覧から対象のボリュームにチェックを入れアクションからボリュームの変更をクリックします。

 

4.サイズの入力欄を30から31に変更し、変更ボタンを押します。

 

5.確認の画面が表示されます。変更ボタンを押すと拡張が始まります。

 

6.ボリュームの一覧では、対象のボリュームの状態は、使用中以外になります。
拡張する容量により時間がかかります。

 

7.インスタンスのストレージタブでは、30から31に変わっています。

 

Windowsサーバにログインしてツールでサイズを拡張する

変更前の確認

1.Windowsサーバにログインし画面左下のServer Managerのアイコンをクリックします。

 

2.ToolsからComputer Managementをクリックします。

 

3.Cドライプのキャパシティは30GB(29.66GB)になっています。AWSコンソールでの変更は反映されていません。

 

4.下のDisk0の内訳でも30GB(29.66GB)になっています。

 

5.ActionからRescan Disksをクリックしディスクを再スキャンします。

 

6.Disk0の箇所にUnallocated(未割り当て)の1.00GBの領域が表示されました。

 

7.29.66GBの箇所で右クリックし、Extend Volume(ボリュームの拡張)をクリックします。

 

8.ウィザードが表示されます。Nextをクリックします。

 

9.最大利用スペースが1023(MB)で、選択するスペースの領域が1023(MB)となっています。
問題ないのでNextをクリックします。

 

10.Finishを押すとボリュームサイズ拡張が行われます。

 

変更後の確認

11.キャパシティは、30.66GB(31GB)になり、Cドライブも30.66GBになっています。

公式サイトに手順があります。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/WindowsGuide/recognize-expanded-volume-windows.html

関連の記事

AWS EC2を作成するサンプル

△上に戻る