ASP.NET 設定ファイルの値を取得する(Web.config)

ASP.NETの設定ファイル(Web.config)の値を取得するサンプルです。

確認環境
・Microsoft Visual Studio Community 2019

目次

設定ファイル Web.configファイル
サンプル 設定ファイルへの値のセットと取得

Web.configファイル

  • ファイルに任意のキーと値(value)を追記してそれをコードから取得できます。
  • 場所は、プロジェクトの直下にあります。

設定ファイルへの値のセットと取得

1.設定ファイルに値をセットする

設定ファイル(Web.config)のappSettingsにkeyとvalueを追加します。

  <appSettings>
    <add key="test1" value="testです"/>
    <add key="test2" value="赤,黄,青"/>
    <add key="webpages:Version" value="3.0.0.0" />
    <add key="webpages:Enabled" value="false" />
    <add key="ClientValidationEnabled" value="true" />
    <add key="UnobtrusiveJavaScriptEnabled" value="true" />
  </appSettings>

2,3行目に新規で行を追加しました。
3行目は、値を3つセットしています。カンマで区切っています。

2.設定ファイルから値を取得する

上記で設定した値をコードで取得するサンプルです。

VB.NET版

Namespace Controllers
	Public Class test1Controller
		Inherits Controller

		Function Index() As ActionResult

			Dim str1 As String
			str1 = ConfigurationManager.AppSettings("test1")
			' 変数str1の値は「testです」

			Dim str2() As String
			str2 = ConfigurationManager.AppSettings("test2").Split(",")
			'変数str2は配列で値は「赤」「黄」「青」

			Return View()
		End Function
	End Class
End Namespace

8行目は、引数にappSettingsのkeyを指定し、そのkeyに対応するvalueを取得します。
12行目は、Splitメソッドで配列にしています。

以下は、C#版です。

using System;
using System.Configuration;
using System.Web.Mvc;

namespace csharp1.Controllers
{
    public class test1Controller : Controller
    {
        public ActionResult Index()
        {
			string str1;
			str1 = ConfigurationManager.AppSettings["test1"];
			// 変数str1の値は「testです」

			string[] str2;
			str2 = ConfigurationManager.AppSettings["test2"].Split(',');
			// 変数str2は配列で値は「赤」「黄」「青」

			return View();
		}
    }
}

12行目は、keyを指定し、そのキーに対応するvalueを取得します。
16行目は、Splitメソッドで配列にしています。

以下は、MicrosoftのConfigurationManager.AppSettings プロパティのリンクです。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.configuration.configurationmanager.appsettings?view=netframework-4.8

関連の記事

ASP.NET POSTで値を別画面に渡す(VB.NET)

△上に戻る