ASP.NET JsonResultでJSONを返す(VB.NET)

ASP.NETのJsonResultでJSONを返すサンプルです。VB.NETです。

目次

サンプル JSONをコントローラからビューに送信する
  jQueryを使用してJSONをコントローラから取得する

JSONをコントローラからビューに送信する

Protected Friend Function Json(data As Object, behavior As JsonRequestBehavior) As JsonResult

JSONは、System.Web.MvcのControllerクラスのメソッドです。
戻り値は「JsonResult」です。

コントローラ

JSONをコントローラからビューに送信するサンプルです。

Namespace Controllers
	Public Class Test1Controller
		Inherits Controller

		<HttpGet>
		Function Index() As ActionResult
			Return View()
		End Function

		<HttpPost>
		Function TestJson() As JsonResult

			Dim Json1 As JsonResult =
				Json(New With {
						.id = "1",
						.name = "鈴木",
						.romaji = "suzuki"
					 },
					 JsonRequestBehavior.AllowGet)
			Return Json1
		End Function
	End Class
End Namespace

5~8行目は、初期表示で使用しています。
11行目からは、画面でボタンを押されたときに実行されます。
14行目は、Jsonメソッドです。設定した値をJSONにします。
19行目は、JsonRequestBehavior.AllowGetは、HTTPのGETのrequestsを許可します。
許可しない場合は、JsonRequestBehavior.DenyGetにします。
20行目は、Returnで値を送信します。

ビュー

@Code
		Layout = Nothing
End Code
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
</head>
<body>
	@Using Html.BeginForm("TestJson", "Test1", FormMethod.Post, New With {.id = "form1"})
		@<input type="submit" id="button1" value="ボタン" />
	End Using
</body>
</html>

10行目のボタンを押すと上記のコントローラの11行目から実行されます。
コントローラの20行目で出力されたJSONは、画面にそのまま表示されます。

jQueryを使用してJSONをコントローラから取得する

ビュー

jQueryを使用してJSONをコントローラから取得するサンプルです。

@Code
		Layout = Nothing
End Code
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
	@Scripts.Render("~/bundles/jquery")
</head>
<body>
		<input type="button" id="button1" value="ボタン" />
	<script>
		$(function () {
			$("#button1").click(function () {
				$.ajax({
					url: "/test1/TestJson",
					type: "POST",
					dataType: "json"
				}).done(function (data1, textStatus, jqXHR) {
					console.log(data1["id"]);
					console.log(data1["name"]);
					console.log(data1["romaji"]);
				});
			});
		});
	</script>
</body>
</html>

13行目は、10行目のボタンが押されたときに実行されます。
14行目は、ajax関数です。上記コントローラの11行目が実行されます。
18行目以降は、JSONの戻り値を取得します。1つめの引数の変数のdata1にデータが入っています。
19~21行目は、それぞれの値を取得してコンソールに表示します。

関連の記事

VB.NET オブジェクトとJSONを変換する

△上に戻る