ASP.NET+VB.NET 共通レイアウトを使用する

ASP.NETの共通の部分レイアウトを作成するサンプルです。言語はVB.NETです。
(確認環境:Microsoft Visual Studio Community 2019)

目次

サンプル 共通レイアウトを使用する
  呼び出す側のビュー(TestView1.cshtml)
  共通の部分レイアウト(CommonLayout.vbhtml)
  実行結果
共通の部分レイアウトを表示しない場合

共通レイアウトを使用する

ビューのTestView1.vbhtml表示時にSharedフォルダ配下のCommonLayout.vbhtmlを呼び出して表示します。Shared(シェアード)は共有という意味です。

https://localhost:44320/Test1/TestView1

 

呼び出す側のビュー(TestView1.cshtml)

@Code
	Layout = "~/Views/Shared/CommonLayout.vbhtml"
End Code
<input type="text" id="text1" value="red" />
<input type="submit" id="button1" value="ボタン" />
@Section scripts
	<script>
		console.log("hello");
	</script>
End Section

2行目は、CommonLayout.vbhtmlをレイアウトとして使用します。
6行目は、@RenderSectionで呼ばれます。

 

共通のレイアウト(CommonLayout.vbhtml)

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
</head>
<body>
	<p>CommonLayoutです</p>
	@RenderBody()
	@RenderSection("scripts", False)
</body>
</html>

7行目は、@RenderBodyです。呼び出す側のhtmlがこの箇所に出力されます。
8行目は、@RenderSectionで@Section scriptsの箇所が出力されます。

 

実行結果

上記コードを実行した結果です。

ブラウザのコンソールには、JavaScriptの実行結果として文字列のhelloが出力されます。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
</head>
<body>
	<p>CommonLayoutです</p>
	
<input type="text" id="text1" value="red" />
<input type="submit" id="button1" value="ボタン" />

	
	<script>
		console.log("hello");
	</script>

</body>
</html>

 

コントローラ(Test1Controller.cs)

Namespace Controllers
	Public Class Test1Controller
		Inherits Controller

		Function TestView1() As ActionResult
			Return View()
		End Function
	End Class
End Namespace

 

共通のレイアウトを表示しない場合

共通のレイアウトを表示しない場合は、ビューのLayout変数にNothingをセットします。

@Code
	Layout = Nothing
End Code
<input type="text" id="text1" value="red" />
<input type="submit" id="button1" value="ボタン" />
@Section scripts{
	<script>
		console.log("hello");
	</script>
End Section

以下は、MicrosoftのASP.NET Web ページ (Razor) サイトでの一貫したレイアウトの作成のリンクです。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/aspnet/web-pages/overview/ui-layouts-and-themes/3-creating-a-consistent-look

関連の記事

ASP.NET JsonResultでJSONを返す(VB.NET)
ASP.NET RedirectToActionのサンプル(VB.NET)

△上に戻る