VBS hello worldと実行のサンプル

VBS(VBScript)のhello worldと実行のサンプルです。

目次

サンプル VBSファイルとは
  hello worldのサンプル
  コメントの付け方
  vbsファイルを引数を付けて実行する
  vbsファイルから他のvbsファイルを呼び出す

VBSファイルとは

  • vbsは、Visual Basic Scriptの略でプログラムを実行できます。
  • batファイルより複雑な処理ができます。
  • vbsをコマンドプロンプトで動かす場合、実行環境としてWindows Script Host(WSH)が使用されます。
  • バッチ処理等で使用する場合は、cscriptを使用します。
  • 画面のメッセージダイアログを使用する場合は、wscriptを使用します。

hello worldのサンプル

WScript.Echo "hello world"

WScript.Echoで文字列を出力します。

実行時は、スクリプトファイルを実行するcscriptを指定します。

cscript test1.vbs

cscriptのオプションとして/Nologoをつけるとバージョン表記等が表示されなくなります。

cscript /Nologo test1.vbs

 

コメントの付け方

'コメント
REM コメント

WScript.Echo "hello world"

コメントは、シングルコーテーション(')またはREMを使用します。

 

vbsファイルを引数を付けて実行する

コード上では、Wscript.Arguments(0)というように引数を受け取ります。

a = Wscript.Arguments(0)
b = Wscript.Arguments(1)

WScript.Echo a + "と" + b

引数は、vbsファイル名の後ろに半角スペース区切りで追加します。

 

vbsファイルから他のvbsファイルを呼び出す

呼び出す側のファイル tests1.vbs

Dim wss
Set wss = Wscript.CreateObject("WScript.Shell")

num = wss.Run ("cscript D:\Test1\vbtest.vbs",,True)
WScript.Echo num '0が表示される

Set wss = Nothing

4行目は、他のvbsファイルを実行しています。
3つめの引数のtrueは、呼び出したvbtest.vbsの処理が終了してから次の行へ進みます。

呼び出される側のファイル vbtest.vbs

WScript.Quit(0) 

Quitで引数の値を呼び出し側に返します。

以下は、実行結果です。

関連の記事

VBS if文のサンプル(VBScript)
VBS 配列のサンプル(VBScript)

△上に戻る