VB.NET With~End Withのサンプル

VB.NETのWith~End Withのサンプルです。

目次

説明 With~End With
サンプル オブジェクトにWith~End Withで値を設定する
  構造体にWith~End Withで値を設定する

With~End With

With 変数(クラスのオブジェクトや構造体)
    値をセット
End With

オブジェクトにWith~End Withで値を設定する

オブジェクトにWith~End Withで値を設定するサンプルです。

Public Class Syain
    Public Property id As String
    Public Property name As String
    Public Property sikaku As New List(Of String)
End Class

Module Module1
    Sub Main()
        Dim syain1 As New Syain

        With syain1
            .id = "1"
            .name = "鈴木"
        End With

        With syain1.sikaku
            .Add("基本")
            .Add("応用.")
        End With

        Console.WriteLine(syain1.id) '1
        Console.WriteLine(syain1.name) '鈴木
        Console.WriteLine(syain1.sikaku(0)) '基本
        Console.WriteLine(syain1.sikaku(1)) '応用
    End Sub
End Module

1~5行目は、クラスです。
2~4行目はプロパティで、4行目はリストです。
9行目は、クラスをインスタンス化しています。
11~14行目は、Withと変数を指定し、値をセットしています。
16~19行目はリストに値をセットしています。
21~24行目はそれぞれ設定した値を表示しています。

構造体にWith~End Withで値を設定する

構造体にWith~End Withで値を設定するサンプルです。

Structure Syain
    Public id As String
    Public name As String
    Public sikaku() As String
End Structure

Module Module1
    Sub Main()
        Dim syain1 As Syain

        With syain1
            .id = "1"
            .name = "鈴木"
            .sikaku = {"基本", "応用"}
        End With

        Console.WriteLine(syain1.id) '1
        Console.WriteLine(syain1.name) '鈴木
        Console.WriteLine(syain1.sikaku(0)) '基本
        Console.WriteLine(syain1.sikaku(1)) '応用
    End Sub
End Module

1~5行目は、構造体です。
2~4行目はプロパティです。4行目は配列です。
11行目は、Withと変数を指定し、
12~14行目はそれぞれ値をセットしています。
17~19行目はそれぞれ設定した値を表示しています。

関連の記事

VB.NET 初期値を設定する(オブジェクト初期化子)

△上に戻る