VB.NET 2次元配列のサンプル

VB.NETの2次元配列のサンプルです。

目次 2次元配列のサンプル
For Each文で取得する
For文で取得する
ループで2次元配列を作成

2次元配列のサンプル

Module Module1
	Sub Main()
		Dim arr1(,) = {
			{"赤", "黄", "青"},
			{"緑", "白", "黒"}
		}
		Console.WriteLine(arr1.Length) '6

		Console.WriteLine(arr1(0, 0)) '赤
		Console.WriteLine(arr1(0, 1)) '黄
		Console.WriteLine(arr1(0, 2)) '青
		Console.WriteLine(arr1(1, 0)) '緑
		Console.WriteLine(arr1(1, 1)) '白
		Console.WriteLine(arr1(1, 2)) '黒
	End Sub
End Module

3行目は、2次元配列です。(,)としています。
7行目のlengthは、2次元配列の値の数を取得します。

For Each文で取得する

Module Module1
	Sub Main()
		Dim arr1(,) = {
			{"赤", "黄", "青"},
			{"緑", "白", "黒"}
		}
		For Each str1 In arr1
			Console.WriteLine(str1) '赤 黄 青 緑 白 黒が出力される
		Next
	End Sub
End Module

8行目は、個別の値で赤,黄,青,緑,白,黒が表示されます。

For文で取得する

Module Module1
	Sub Main()
		Dim arr1(,) = {
			{"赤", "黄", "青"},
			{"緑", "白", "黒"}
		}
		For i = 0 To 1
			For j = 0 To 2
				Console.WriteLine(arr1(i, j)) '赤 黄 青 緑 白 黒が出力される
			Next
		Next
	End Sub
End Module

2重ループで変数iとjを指定して配列の値を取得します。
9行目は、個別の値で赤,黄,青,緑,白,黒が表示されます。

ループで2次元配列を作成

For文のループで2次元配列を作成するサンプルです。

Module Module1
	Sub Main()
		Dim arr1(1, 2) As Integer
		Dim num As Integer = 1

		For i = 0 To 1
			For j = 0 To 2
				arr1(i, j) = num
				num = num + 1
			Next
		Next
		Console.WriteLine(arr1(0, 0)) '1
		Console.WriteLine(arr1(0, 1)) '2
		Console.WriteLine(arr1(0, 2)) '3
		Console.WriteLine(arr1(1, 0)) '4
		Console.WriteLine(arr1(1, 1)) '5
		Console.WriteLine(arr1(1, 2)) '6
	End Sub
End Module

3行目は、2次元配列を定義しています。行が2つ値が3つです。
2重ループで値を設定します。

関連の記事

VB.NET 配列の仕組みと使い方のサンプル

△上に戻る