VB.NET SQLServerに接続してselectするサンプル

VB.NETのSQLServerに接続してselectするサンプルです。

確認環境
・Microsoft Visual Studio Community 2019
・SQL Server 2019 Express Edition

目次

設定 SQLServerへの接続の設定
コード 接続してselectを実行する

SQLServerへの接続の設定

1.プロジェクトを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。

 

2.「設定」をクリックします。任意の名前を入力し、種類は「(接続文字列)」を選択し値の入力欄をクリックすると、スコープは「アプリケーション」が自動で選択されます。
値の欄では右端のボタンをクリックします。
データソースの選択ダイアログが表示された場合はSQLServerを選択します。

 

3.サーバー名に、コンピュータ名\インスタンス名を入力し、任意の認証を選択します。
ここではWindows認証を選択しました。
データベース名はデータベース名を指定するまたは空白の場合はコード内でデータベースを指定します。

接続してselectを実行する

SQLServerに接続してselectを実行するサンプルです。

Imports System.Data.SqlClient

Module Module1
	Sub Main()
		Dim Sql As String = "SELECT id,name,romaji FROM SYAIN"
		Try
			Using Conn As New SqlConnection
				Conn.ConnectionString =
					   ("Data Source=localhost\SQLEXPRESS;" &
						"Initial Catalog=testDB1;" &
						"Integrated Security=SSPI;")
				Conn.Open()
				Using cmd As New SqlCommand(Sql)
					cmd.Connection = Conn
					cmd.CommandType = CommandType.Text
					Using reader As SqlDataReader = cmd.ExecuteReader()
						While (reader.Read())
							Console.WriteLine(
								reader.GetInt32(0) &
								reader.GetString(1) &
								reader.GetString(2))
						End While
					End Using
				End Using
			End Using
		Catch ex As Exception
			Console.WriteLine(ex.Message)
		End Try
	End Sub
End Module

1行目は、System.Data.SqlClientをインポートしています。
5行目は、select文です。
7,13,16行目は、usingステートメントです。
配下のブロックの処理が終了したときにリソースを解放するDispose()が呼ばれます。
9行目のData Sourceは、サーバー名(コンピュータ名\インスタンス名)を指定します。
10行目のInitial Catalogは、データベース名を指定します。
16行目のExecuteReaderは、SQL文を実行しています。
19~21行目は、テーブルから取得した値を表示しています。

実行結果

以下のように表示されます。

1鈴木suzuki
2田中tanaka
3佐藤sato

関連の記事

SQL Server DDL文でtable,view等を作成するサンプル

△上に戻る