Git Bash(レポジトリの作成からコミット/Windows)

Git Bashでレポジトリの作成からコミットまでの方法です。

確認環境
・Windows10
・git 2.19.1

目次

手順 1.git configでgitの設定を行う
  2.git initでレポジトリを作成する
  3.git addでステージングエリアに登録する
  4.git commitでコミットを行いレポジトリに登録する

1.git configでgitの設定を行う

1.1 git用のフォルダを作成する

任意の場所にgit用の空フォルダを作成します。
サンプルでは、EドライブにTest1フォルダを作成しました。

※gitをインストールしておく必要があります。
gitをWindows10にインストールする手順

 

1.2 指定のフォルダでGit Bashを起動する

フォルダを右クリックして「Git Bash Here」をクリックするとそのフォルダでGit Bashが起動します。サンプルではEドライブのTest1フォルダでGit Bashを開きました。

 

1.3 gitの設定を行う

git config --global user.name ユーザ名
git config --global user.email メールアドレス

git configコマンドで使用するユーザ名とメールアドレスを登録します。
コミットした時のログなどで表示されます。

git config --global user.name testuser123abc
git config --global user.email test@example.com

 

1.3.1 設定した内容の確認方法

git config --global --list

設定した内容の確認は、git configを使用します。

git config --global --list
user.name=testuser123abc
user.email=test@example.com

2,3行目は、登録したユーザ名とメールアドレスが表示されています。

 

2.git initでレポジトリを作成する

レポジトリとは、保管する場所のことです。
レポジトリがない場合に作成します。初回のみの作業です。

レポジトリの作成

git init

git initコマンドで空のリポジトリを作成します。
EドライブのTest1フォルダ配下に.gitというフォルダが作成されます。

git init
Initialized empty Git repository in E:/Test1/.git/

 

テスト用のファイルを作成します。
EドライブのTest1フォルダ配下にtest1.txtを作成しました。

ファイル内は以下のように記述しました。

こんにちは

 

3.git addでステージングエリアに登録する

作成したファイルはステージングエリアに登録した後、レポジトリに登録します。

ステージングエリアに登録

git add

git addコマンドで作成したファイルをステージングエリア(インデックス)に登録します。

git add .

最後のピリオド(.)は、すべてのファイルを指します。

 

ステージングエリアに追加したくないファイルがある場合

git addコマンドでステージングエリアに追加したくないファイルがある場合は、.gitignoreファイルを作成して対象のファイルを指定します。.gitignoreファイル自体はコミット対象になります。

1.vimコマンドで.gitignoreファイルを作成します。

vim .gitignore

 

2..gitignoreファイルの内容はサンプルとして以下のように指定しました。
1行目は、コメントです。
2行目は、拡張子がログのファイルを追加しないようにします。
3行目は、指定のフォルダ配下のファイルを追加しないようにします。

#コメント
*.log
folder1/

 

ファイルの変更を確認

git status

git statusコマンドでファイルの変更を確認します。

git status
On branch master

No commits yet

Changes to be committed:
  (use "git rm --cached <file>..." to unstage)

        new file:   test1.txt

9行目は、作成したファイル名が書いてあります。

 

4.git commitでコミットを行いレポジトリに登録する

git commit

git commitコマンドでコミットを行いレポジトリに登録します。
-mの後の引数は、コメントです。任意の文字を入力できます。

$ git commit -m "1st commit"
[master (root-commit) a9f3def] 1st commit
 1 file changed, 1 insertion(+)
 create mode 100644 test1.txt

 

コミットを確認する

git log

git logコマンドでコミットの確認を行います。

git log
commit a9f3def8c4f9d9cb30e0fe06685fae072efc3bda (HEAD -> master)
Author: testuser123abc <test@example.com>
Date:   Sun Nov 25 19:32:50 2018 +0900

    1st commit

3行目は、設定したユーザとメールアドレスが表示されています。
6行目は、コミットした時のコメントが表示されています。

 

コミットを取り消す

git resetコマンドでコミットを取り消せます。

git reset
git reset --hard HEAD^
HEAD is now at a9f3def 1st commit

1行目は、git resetでコミットを取り消しています。

ファイルの削除

新たなファイル(test2.txt)を作成してコミットした後、git resetコマンドでそのコミットを取り消した場合、作成したファイル(test2.txt)も削除されます。

以下は、gitの公式サイトのGitの基本のリンクです。
3 使い始める - Gitの基本

関連の記事

gitをWindows10にインストールする手順
Git Bash(ブランチ作成とマージとコンフリクト/Windows)

△上に戻る