Git Bashで操作(レポジトリの作成からコミットまで/Windows)

Git Bashでレポジトリの作成からコミットまでの方法です。

確認環境
・Windows10
・git 2.19.1

目次

1.git用のフォルダを作成する

任意の場所にgit用の空フォルダを作成します。
サンプルでは、EドライブにTest1フォルダを作成しました。

※gitをインストールしておく必要があります。
gitをインストールする手順 (Windows)

 

2.指定のフォルダでGit Bashを起動する

フォルダを右クリックして「Git Bash Here」をクリックするとそのフォルダでGit Bashが起動します。サンプルではEドライブのTest1フォルダでGit Bashを開きました。

 

3.gitの設定を行う

1.git configコマンドで使用するユーザ名とメールアドレスを登録します。
コミットした時のログなどで表示されます。

git config --global user.name testuser123abc
git config --global user.email test@example.com

 

2.設定した内容の確認は、git configに以下の引数を付けます。
2,3行目は、登録したユーザ名とメールアドレスが表示されています。

git config --global --list
user.name=testuser123abc
user.email=test@example.com

 

4.レポジトリを作成しファイルを作成する

1.git initコマンドで空のGitリポジトリを作成します。
EドライブのTest1フォルダ配下に.gitというフォルダが作成されます。

git init
Initialized empty Git repository in E:/Test1/.git/

 

2.テスト用のファイルを作成します。
EドライブのTest1フォルダ配下にtest1.txtを作成しました。

ファイル内は以下のように記述します。

こんにちは

 

5.作成したファイルをコミットする

1.git addコマンドで作成したファイルをステージングエリア(インデックス)に登録します。
最後のピリオド(.)は、すべてのファイルを指します。

git add .

 

2.git statusコマンドでファイルの変更を確認します。
9行目は、作成したファイル名が書いてあります。

git status
On branch master

No commits yet

Changes to be committed:
  (use "git rm --cached <file>..." to unstage)

        new file:   test1.txt

 

3.git commitコマンドでコミットを行いレポジトリに登録します。
-mの後の引数は、コメントです。

$ git commit -m "1st commit"
[master (root-commit) a9f3def] 1st commit
 1 file changed, 1 insertion(+)
 create mode 100644 test1.txt

 

4.git logコマンドでコミットの確認を行います。
3行目は、設定したユーザとメールアドレスが表示されています。
6行目は、コミットした時のコメントが表示されています。

git log
commit a9f3def8c4f9d9cb30e0fe06685fae072efc3bda (HEAD -> master)
Author: testuser123abc <test@example.com>
Date:   Sun Nov 25 19:32:50 2018 +0900

    1st commit

 

6.コミットを取り消す

1.git resetコマンドでコミットを取り消すことができます。

サンプルとして、新たなファイル(test2.txt)を作成してコミットした後、git resetコマンドでそのコミットを取り消します。その場合、作成したファイル(test2.txt)も削除されます。

git reset --hard HEAD^
HEAD is now at a9f3def 1st commit

リンク

3 使い始める - Gitの基本

関連の記事

gitをインストールする手順 (Windows)
Git Bashで操作(ブランチの作成とマージとコンフリクト時の対応/Windows)

△上に戻る