SQL ビューを作成/使用するサンプル

SQLのビューを作成/使用するサンプルです。

確認環境
・Oracle Express Edition 11g Release 2

目次

説明 ビュー(view)
サンプル ビューを作成/変更する
  ビューを削除する
  ビューを確認する

ビュー(view)

ビューを作成/変更する

ビューを作成/変更するサンプルです。

以下、2つのテーブルがあるとします。
1つめのSYOUHINテーブルです。

SYOUHINテーブル
ID NAME CATEGORY
1 りんご フルーツ
2 みかん フルーツ
3 にんじん 野菜

2つめのSALESテーブルです。

SALESテーブル
ID KOSUU SALESDATE
1 5 20200301
3 3 20200301

 

上記2テーブルからTestView1というビューを作成します。

CREATE OR REPLACE VIEW TestView1 AS
	SELECT
		a.id,
		a.name,
		b.kosuu
	FROM SYOUHIN a
		inner join SALES b 
		on a.id = b.id
with read only;

1行目のTestView1は、作成するビュー名です。
OR REPLASEは任意です。REPLASEは交換するという意味で変更することができます。
2~8行目は、select文でSYOUHINテーブルとSALESテーブルからビューを作成しています。
select文なので複数のテーブルを結合したsqlも作成できます。
9行目は、読み取り専用を指定しています。

以下は、ビューで値を取得するサンプルです。

select * from TestView1;

結果

結果は、以下のとおりです。

ID NAME KOSUU
1 りんご 5
3 にんじん 3

シンプルなselect文で値を取得できます。
2つのテーブルを結合するjoinを記述する必要はありません。

ビューを削除する

ビューを削除するサンプルです。

drop view TestView1;

drop viewとビュー名を指定します。

ビューを確認する

ビューを確認するサンプルです。

select * from USER_VIEWS
where VIEW_NAME = 'TESTVIEW1';

USER_VIEWSテーブルで作成したビューを確認できます。

関連の記事

SQL シーケンス(順序)を作成/使用するサンプル
SQL シノニムを作成/使用するサンプル

△上に戻る