ER図のサンプル

ER図のサンプルです。

目次

サンプル IE記法のER図
  ER図の各部分の説明

IE記法のER図

IE記法のER図のサンプルです。

受注テーブルの受注番号と受注明細テーブルの受注番号は、1:1または1:多の関係です。
縦の線(|)は、1件を表します。3本の線の箇所は多を表します。
3本の線からこのER図は鳥の足(Crow’s Foot記法)とも呼ばれます。

受注明細テーブルの受注番号は、PKであり、外部キー(FK,Foreign Key)です。
顧客テーブルの顧客番号と受注テーブルの顧客番号は、1:1または1:多の関係です。
受注テーブルの顧客番号は、外部キー(FK)です。

商品テーブルの商品番号と受注明細テーブルの商品番号は、1:1または1:多または1:0の関係です。
丸(○)は、0件を表します。
受注明細テーブルの商品番号は、外部キー(FK)です。

 

ER図の各部分の説明

エンティティ(Entity,実体)は、テーブルです。

リレーション(Relation,関連)は、テーブルとテーブルの関係を表します。

カーディナリティ(cardinality,濃度または多重度)は、テーブル同士の項目の1:多等の関係を表します。

アトリビュート(attribute,属性)は、テーブルの列名です。

関連の記事

SQL トランザクション分離レベルの概要
データベースの正規化のサンプル

△上に戻る