PHP 現在日時の取得と表示形式のサンプル

PHPの現在日時の取得と表示形式のサンプルです。

確認環境
・PHP 7.1.8
・XAMPP 7.1.8
・Windows 10

コード

年月日と時分秒と曜日を表示するコードです。
3,4行目は、年月日をスラッシュ区切りで、時分秒をコロン区切りにしています。
10,11行目は、漢字をつけています。
17,18行目は、曜日を表示しています。

<?php
//スラッシュ区切りとコロン区切り
$date1 = date("Y/m/d");
$time1 = date("H:i:s");
print $date1 . " " . $time1; // 2017/12/12 18:16:05

print nl2br("\n"); // 改行

//漢字
$date2 = date("Y年m月d日");
$time2 = date("H時i分s秒");
print $date2 . " " . $time2; // 2017年12月12日 18時16分05秒

print nl2br("\n"); // 改行

//曜日
$date3 = date("w");
$date4 = date("D");
print $date3 . " " . $date4; // 2 Tue
?>
上記コードの値の説明
説明
Y 年4桁
m 月(01-12)
d 日(01-31)
H 時間(00-23)
i 分(00-59)
s 秒(00-59)
w 曜日(0が日曜日-6が土曜日)
D 曜日(Sun-Sat)

以下は、PHPマニュアルのdate関数のリンクです。
http://php.net/manual/ja/function.date.php

タイムゾーンの設定

タイムゾーンの設定をphp.iniで行うことができます。
XAMPPでの例です。

1.XAMPPコントロールパネルのconfigをクリックします。

 

2.PHP(php.ini)をクリックします。

 

3.date.timezoneで検索します。
Europe/BerlinをAsia/Tokyoに書き換えます。

変更前

変更後

 

4.Apacheを再起動して画面を表示するとAsia/Tokyoのタイムゾーンで表示されます。

 

△上に戻る