Perl if文のサンプル

Perlのif文のサンプルです。条件で処理を分岐する時に使用します。

目次

if文 if文とは / if文のサンプル / ネスト構造 if文の中にif文
  文字列の比較
  数値の比較演算子 / 文字列の比較演算子
論理演算子 論理積(&&) AかつB / 論理和(||) AまたはB / 論理否定(!) Aではない

if文とは

if (条件){
   処理
}
# elsifとelseを書く場合
if (条件) {
   処理
}elsif (条件) {
   処理
}else {
  処理
}
  • 条件が合致する場合、配下のブロック{ }の処理が実行され、if文の処理は終了します。
  • 条件が合致することをtrue(真)ともいいます。
  • 条件が合致しない場合、配下のブロック{ }の処理は実行されず、その下(elsif/else)に進みます。
  • 条件が合致しないことをfalse(偽)ともいいます。
  • elsifは、1つ以上記述できます。省略可能です。
  • elseは、1つのみ記述できます。省略可能です。elseの配下の処理は、どの条件も合致しなかったときに実行されます。
  • 文字列を比較するときは、比較演算子の==ではなく文字列の比較演算子を使用します。

if文のサンプル

#! /usr/bin/perl
use strict;
use warnings;

my $a = 1;

if ($a == 0){
	print "test1";
	
}elsif ($a == 1){
	print "test2"; # test2が出力される
	
}else{
	print "test3";
}

7行目からif文が始まります。
10行目のif文はtrueになるのでその配下の処理が実行されます。
11行目の処理が実行されif文を抜けます。

ネスト構造 if文の中にif文

#! /usr/bin/perl
use strict;
use warnings;

my $a = 1;
my $b = 1;

if ($a == 1){
	if ($b == 1){
		print "test1"; # test1が出力される
	}
}

9行目は、if文の中にif文を記述しています。ネストの構造です。入れ子ともいいます。
8,9行目は、trueになり文字列が表示されます。

文字列の比較

#! /usr/bin/perl
use strict;
use warnings;

my $a = "test";
my $b = "test";

if ($a eq $b){
	print "test1"; # test1が出力される
}

8行目は、eqを使用して比較しています。

数値の比較演算子

2つの値を比べて条件を満たしていればtrue,そうでない場合はfalseを返します。

以下は、数値を比較する時に使用します。

比較演算子 説明
a == b aとbの値は等しい
a != b aとbの値は等しくない
a > b aはbより大きい
a >= b aはbより大きい または 等しい
a < b aはbより小さい
a <= b aはbより小さい または 等しい

文字列の比較演算子

以下は、文字列を比較する時に使用します。大小比較は文字コードで比較します。

比較演算子 説明
a eq b aとbの値は等しい
a ne b aとbの値は等しくない
a gt b aはbより大きい
a ge b aはbより大きい または 等しい
a lt b aはbより小さい
a le b aはbより小さい または 等しい

論理積(&&) AかつB

if (左の条件式) && (右の条件式)
  • 左の式と右の式が両方ともtrueの場合、trueになります。それ以外はfalseです。
  • 論理積(&&)の左の式がfalseの場合、右の式は評価されません。これを短絡評価(ショートサーキット評価 : Short-Circuit Evaluation)といいます。
  • and演算子も&&と同じ論理積です。ただしand演算子は&&より優先順位が低いです。
#! /usr/bin/perl
use strict;
use warnings;

my $a = 2;
my $b = 2;

if ($a == 2 && $b == 2){
	print "p1"; # p1
}else{
	print "p2";
}

8行目は、左の式と右の式が共にtrueなので、trueになります。

論理和(||) AまたはB

if (左の条件式) || (右の条件式)
  • 左の式または右の式のどちらかがtrueの場合、trueになります。
  • 論理和(||)の左の式がtrueの場合、右の式は評価されません。これを短絡評価(ショートサーキット評価 : Short-Circuit Evaluation)といいます。
  • or演算子も||と同じ論理和です。ただしor演算子は||より優先順位が低いです。
#! /usr/bin/perl
use strict;
use warnings;

my $a = 1;
my $b = 2;

if ($a == 2 || $b == 2){
	print "p1"; # p1
}else{
	print "p2";
}

8行目は、左の式はfalseですが右の式がtrueなのでtrueになります。

論理否定(!) Aではない

if  !(条件式) 
  • 条件式がfalseの場合にtrueになります。
  • 条件式がtrueの場合にfalseになります。
#! /usr/bin/perl
use strict;
use warnings;

my $a = 1;

if (!($a == 2)){
	print "p1"; # p1
}

if (!($a == 1)){
	print "p1";
}else{
	print "p2"; # p2
}

7行目は値の比較でfalseになり、それを否定するのでtrueになります。
11行目は値の比較でtrueになり、それを否定するのでfalseになります。

関連の記事

Perl while文とdo…while文のサンプル
Perl for文のサンプル(last/next)

△上に戻る