Perl エスケープシーケンスのサンプル

Perlのエスケープシーケンスのサンプルです。

目次

エスケープシーケンス

  • エスケープシーケンスは、指定した文字に特殊な意味を持たせます。
  • 特殊な意味を持たせたい文字の前に円記号(バックスラッシュ)を付けます。
  • バックスラッシュ(円記号)の文字コードは、shift-jisでは0x5C、UnicodeではU+005Cです。
  • 以下は、Perl公式の日本語翻訳サイトのシーケンスとエスケープのリンクです。
    https://perldoc.jp/docs/perl/5.26.1/perlrebackslash.pod#All32the32sequences32and32escapes

エスケープシーケンスの一覧

エスケープシーケンスの一覧です。

文字 説明
\" ダブルコーテーション 
\t タブ
\\ バックスラッシュ
\n 改行 (LF)
\b バックスペース(一文字削除されます)
\XXX ASCII文字を表示
XXXは、3桁の8進数です。\101は、Aと表示されます。
\xXX ASCII文字を表示
XXは2桁の16進数です。\x41はAと表示されます。
\N{U+xxxx} Unicodeコードポイントのエスケープです。
xxxxは4桁の16進数です。\N{U+0041}は、Aと表示されます。

コード

エスケープシーケンスのサンプルです。

#! /usr/bin/perl
use strict;
use warnings;

# ダブルコーテーションを表示
print ("あいう\"えお"); # あいう"えお

# タブを表示
print ("あいう\tえお"); # あいう  えお

# バックスラッシュを表示
print ("あいう\\えお"); # あいう\えお

# 改行を行う
print ("あいう\nえお"); # あいうで改行される

# バックスペース(1文字削除)
print ("あいう\bえお"); # あいえお

# 円記号(バックスラッシュ)と8進数3桁を指定
print ("\101"); # A

# 円記号(バックスラッシュ)とxと16進数2桁を指定
print ("\x41"); # A

# 円記号(バックスラッシュ)とNとU+と16進数4桁を指定
print ("\N{U+0041}"); # A

6行目は、ダブルコーテーションをエスケープしています。
文字列の開始と終了の機能ではなく、文字として表示しています。

関連の記事

Perl 文字列の位置を取得する(index/rindex)
Perl 文字列を置き換えるサンプル(substr/s///演算子)
Perl 英字の大文字と小文字を変換(lc関数/uc関数)
Perl 文字列の一部を取得するサンプル(substr)

△上に戻る