Kotlin 2次元配列のサンプル

Kotlinの2次元配列のサンプルです。

目次

目次 2次元配列のサンプル
for文で取得する
ループで2次元配列を作成

2次元配列のサンプル

fun main(args: Array<String>) {
    val arr1 = Array(2) {
        arrayOfNulls<String>(3)
    }
    arr1[0][0] = "赤"
    arr1[0][1] = "黄"
    arr1[0][2] = "青"
    arr1[1][0] = "緑"
    arr1[1][1] = "白"
    arr1[1][2] = "黒"

    println(arr1.size) // 2
    println(arr1[0].size) // 3

    arr1.forEach { numberArray ->
        numberArray.forEach {
            println(it) //赤 黄 青 緑 白 黒
        }
    }
}

12行目のlengthは、行の数を取得します。
13行目は、1つの行の中の要素の数を取得します。

以下は、2つの配列を配列にセットしています。

fun main(args: Array<String>) {
    val arr1 = arrayOf(arrayOf("赤", "黄", "青"), arrayOf("緑", "白", "黒"))

    println(arr1.size) // 2
    println(arr1[0].size) // 3

    println(arr1[0][0]) // 赤
    println(arr1[0][1]) // 黄
    println(arr1[0][2]) // 青
    println(arr1[1][0]) // 緑
    println(arr1[1][1]) // 白
    println(arr1[1][2]) // 黒
}

 

for文で取得する

fun main(args: Array<String>) {
    val arr1 = arrayOf(arrayOf("赤", "黄", "青"), arrayOf("緑", "白", "黒"))
    arr1.forEach { numberArray ->
        numberArray.forEach {
            println(it) //赤 黄 青 緑 白 黒
        }
    }
}

5行目は、個別の値で赤,黄,青,緑,白,黒が表示されます。

ループで2次元配列を作成

For文のループで2次元配列を作成するサンプルです。

fun main(args: Array<String>) {
    val arr1 = Array(2) { IntArray(3) }
    var num = 1

    for (i in arr1.indices) {
        for (j in arr1[0].indices) {
            arr1[i][j] = num
            num += 1
        }
    }
    println(arr1[0][0]) // 1
    println(arr1[0][1]) // 2
    println(arr1[0][2]) // 3
    println(arr1[1][0]) // 4
    println(arr1[1][1]) // 5
    println(arr1[1][2]) // 6
}

7行目は、2次元配列に数値を設定しています。

関連の記事

Kotlin for文のサンプル(break/continue/ラベル)

△上に戻る