UUIDを生成するサンプル(Java/C#)

JavaのUUIDを生成するサンプルです。

目次

サンプル UUIDとは
JavaでUUIDを生成するコード
C#でUUIDを生成するコード

UUIDとは

  • 一意な値を生成します。
  • UUIDは、Universallyunique identifierの略です。
  • バージョンがあります。2つめのハイフンの後に4がある場合はバージョン4です。
    d5794b1b-5f92-4dc6-aa48-085dbb08b813
  • GUID(Globally Unique Identifier)の別名です。
  • 以下は、WikiのUUIDのリンクです。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/UUID

JavaでUUIDを生成するコード

package test1;
import java.util.UUID;

public class Test1 {

	public static void main(String[] args) {

        UUID uuid1 = UUID.randomUUID();
        
        System.out.println(uuid1.toString());
        // d5794b1b-5f92-4dc6-aa48-085dbb08b813
        
        System.out.println(uuid1.toString().replace("-", ""));
        // d5794b1b5f924dc6aa48085dbb08b813
	}
}

実行する毎に異なる値が生成されます。
13行目は、ハイフン抜きにしています。

https://docs.oracle.com/javase/jp/8/docs/api/java/util/UUID.html

C#でUUIDを生成するコード

using System;
class Test1
{
	static void Main()
	{
		var guid = Guid.NewGuid();
		
		Console.WriteLine(guid.ToString());
		// 58247631-6889-4ed7-8b80-b47c83210dd7

		Console.WriteLine(guid.ToString().Replace("-", ""));
		// 5824763168894ed78b80b47c83210dd
	}
}

実行する毎に異なる値が生成されます。
11行目は、ハイフン抜きにしています。

関連の記事

Java 乱数を生成するサンプル(SecureRandom)

△上に戻る