Java SQLServerでinsert/update/deleteするサンプル

JavaのWindows認証でSQLServerにJDBC接続してinsert/update/deleteするサンプルです。

確認環境
・Java 8
・SQL Server 2019 Express Edition

目次

SQLのサンプル insertのサンプル
updateの場合
deleteの場合

insertのサンプル

SQL ServerにJDBC接続してインサートを実行するサンプルです。

package test1;
import java.sql.Connection;
import java.sql.DriverManager;
import java.sql.PreparedStatement;
import java.sql.ResultSet;
import java.sql.SQLException;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {

		final String URL = "jdbc:sqlserver://localhost\\SQLEXPRESS;"
				 + "Database=testDB1;integratedSecurity=true;";
		final String SQL = 
				"insert into syain (id,name,romaji) VALUES (?,?,?)";

		try (Connection conn = DriverManager.getConnection(URL)){

			conn.setAutoCommit(false);

            try(PreparedStatement ps = conn.prepareStatement(SQL)){
                ps.setInt(1, 1);
                ps.setString(2,"竹田");
                ps.setString(3,"takeda");
                
                ps.executeUpdate();
                conn.commit();
            } catch (Exception e) {
                conn.rollback();
                System.out.println("rollback");
                throw e;
            }

		} catch (SQLException e) {
			e.printStackTrace();
		} catch (Exception e) {
			e.printStackTrace();
		} finally {
			System.out.println("処理が完了しました");
		}
	}
}

接続情報

11,12行目は、SQL Serverへ接続する情報です。finalは再代入不可になります。

プレースホルダ

14行目は、SQLのinsert文です。クエスチョンマーク(?)は、プレースホルダです。パラメータで値を設定します。
入力される不正な文字を抑止できるのでSQLインジェクション対策になります。
固定文字列のSQLの部分がプリコンパイルされるので実行速度が上がります。
プレースホルダは、バインド変数とも呼ばれます。

接続とtry-with-resources構文

16行目のtryの後に続くかっこ()はリソースを自動でクローズします。try-with-resources構文と呼ばれます。Java7で導入されました。
Java リソースを自動でクローズ(try-with-resources文)

コミットモードの設定

conn.setAutoCommit(false);

18行目は、setAutoCommitメソッドで引数はfalseです。手動コミットするようにしています。デフォルトは自動コミットモードです。自動コミットモードは、SQLを実行する毎にコミットされます。

パラメータ(値)のセット

20行目は、prepareStatementのインスタンスを生成しています。プリコンパイルされたSQL文を扱うオブジェクトです。引数に上記のSQLを指定しています。
Prepared=準備された、Statement=文です。

21~23行目は、プレースホルダに値をセットしています。1つめの引数はプレースホルダの位置です。2つめの引数は値です。

SQLの実行とコミットとロールバック

25行目は、executeUpdateメソッドでSQLを実行しています。
SQLの処理が成功した場合、26行目のCommitメソッドで確定されます。
ここでエラーがあった場合は、26行目は実行されず、catchに処理が移動しrollbackメソッドでデータをロールバックします。例えばinsert文を2つ発行したとして一つは成功しもう一つは失敗した場合、2つともデータ更新はしません。

updateの場合

    = "update syain set name = ? ,romaji = ? where id = ?";

updeteを行う場合は、14行目のSQL文と21~23行目のパラメータの設定を修正します。

                ps.setString(1, "竹田test2");
                ps.setString(2,"takedatest2");
                ps.setInt(3,1);

deleteの場合

    = "delete from syain where id = ?";

deleteを行う場合も14行目のSQL文と21~23行目のパラメータの設定を修正します。

                ps.setInt(1,1);

関連の記事

Java SQLServerに接続してselectするサンプル

△上に戻る