Javaとは – Javaの概要

Javaの概要についてです。

目次

概要 Javaの概要
  Javaの機能:ガベージコレクション
  Javaのサンプルコード

Javaの概要

Javaはオブジェクト指向プログラミング言語です。

1995年にアメリカのサン・マイクロシステムズ社が開発し公開しました。
(サン・マイクロシステムズ社は、2010年にオラクル社に買収されました)

Javaは、write once, run anywhere(一度書いたらどこでも動く)を目的にしていて、異なるCPUやOSで動作させることができます。

 

どこで使われているか

WebアプリやAndroidのスマホアプリやバッチ処理等で使用されています。
業務系のシステムやゲームのMinecraftでも使用されています。

 

Javaの仕様は誰が決定するのか

Javaの仕様は、Java Community Process(JCP)で決定します。
Oracle社のみではありません。メンバーとしてIBMやGoogleも入っています。
以下は、Java Community Process(JCP)とメンバーのリンクです。
https://www.jcp.org/en/home/index
https://www.jcp.org/en/participation/members

 

Javaのソフトを動かすには?

Javaのソフトを動かすには、Javaの実行環境であるJRE(Java Runtime Environment)が必要です。

JREは、以下のサイトで無料で入手できます。
https://www.java.com/ja/

 

Javaのソフトを開発する

Javaのソフトを開発するには、JDK(Java Development Kit)が必要です。
JDKには、JRE+Javaプログラムを開発するためのライブラリが入っています。

Javaのソフトを開発する場合は以下のOracleのサイトで無料で入手できます。
https://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

 

JDKの種類

Oracleは、Oracle JDKとOpenJDKを提供しています。
Oracle JDKの商用利用のサポートは有償です。

Open JDKはフリーでオープンソースです。
Open JDKは、Oracle版以外にも存在しAdoptOpenJDK、Amazon Corretto、Red Hat OpenJDK他等あります。

 

LTSとは

Oracle JDK 11は、LTS版です。
LTSは、Long Term Supportの略で長期サポートという意味です。
長期サポートでない場合は、non-LTS版となります。

 

プログラムを実行するまでの流れ

Javaのコードは、拡張子が.javaのファイルに記述されます。
コンパイラがJavaのコードをコンパイルすると、バイトコードになり、拡張子が.classのファイルが生成されます。バイトコードは中間コードとも呼ばれます。

ソフトウェアとして使用するときに、JVM(Java仮想マシン)がバイトコードをネイティブコードに変換してプログラムを実行します。

 

Javaの開発で使用される環境

統合開発環境(IDE)としてEclipse、NetBeans、IntelliJ IDEA、Android Studio等あります。

 

Javaの機能:ガベージコレクション

ガベージコレクションは、使用されなくなったメモリ領域のデータを自動で削除し再び使用できるようにする機能です。
プログラマーはメモリ領域を解放する処理の記述をしなくて良くなります。
CやC++では、プログラマーがメモリ領域を解放する処理の記述が必要です。

メモリ領域が解放されずメモリが大量に使用されててしまう現象はメモリーリークと呼ばれます。

 

Javaのサンプルコード

Javaのサンプルコードです。実行すると「hello world」と表示されます。

package test1;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		
		System.out.println("Hello World"); // Hello Worldと出力される
		
	}
}

6行目で文字列のHello Worldを出力します。

関連の記事

JRE/JVM/JDK/とJava SE/EEの違い

△上に戻る