システム開発で使用される名称と略語

システム開発で使用される名称と略語です。

目次

サンプル システム開発のフェーズの名称
  V字モデル
  システム開発でよく聞く名称

システム開発のフェーズの名称

名称 略称 英語名  説明
システム企画 SP System Planning  
要求分析 SA System Analysis  
要件定義 RD Requirement Definition 要件を定義し要件定義書を作成します。
基本設計 BD Basic Design ED(External Design:外部設計)または
FD(Function Design:機能設計)または
SS(System Structure Design:構造設計)または
UI(User Interface)とも呼ばれます。
画面設計、帳票設計、インターフェース仕様書、データベース設計、方式設計(インフラ)等を行います。
詳細設計 DD Detail Design ID(Internal Design:内部設計)または
SD(Structure Design:構造設計)
とも呼ばれます。
製造 PG Programing  
単体テスト UT Unit Test PT(Program Test)とも呼ばれます。
結合テスト IT Integration Test ITa,ITb(またはIT1,IT2)と2分割する場合もあります。
システムテスト ST System Test 総合テストとも呼ばれます。
性能テストも行います。
運用テスト OT Operations Test 受け入れテストとも呼ばれます。

 

V字モデル

左側はシステムの仕様を定義・設計し、右側はテストの流れを示しています。
単体テストは詳細設計どうりになっているか確認します。

 

システム開発でよく聞く名称

名称 略称 英語名  説明
概念実証 PoC Proof of Concept 実現可能か検証すること。
提案依頼書 RFP Request For Proposal 発注側が作成する資料。提案をもらうために要求事項をまとめたもの。
フィジビリティ   feasibility 実現可能性。
キックオフ   Kickoff プロジェクトを開始すること。またはプロジェクトの最初の会議を指します。
オンスケ   on schedule スケジュールどうりに進んでいる。
リスケ   reschedule スケジュールを変更する。
ペンディング   pending 保留。
WBS   Work Breakdown Structure 作業を分解し進捗状況を確認するツール。
マイグレーション   migration システムの移行。
リプレース   replace システムの置き換え。ソフト/ハードの置き換え。
スケール   scale 規模
「スケールする」は規模を拡大するという意味で使われます。
  LOC lines of code ソースコードの行数

関連の記事

かっこと記号の読み方の一覧

△上に戻る