SQLとは (データベースとの関係)

SQLとデータベースについてです。

目次 SQLとデータベースの関係
SQLの種類
データベースの種類

SQLとデータベースの関係

SQLはデータベースのデータを操作/取得する言語です。

データベースにはデータが保存してあります。保存しておきたいデータがあれば独自に作成できます。
以下は、データのイメージです。

SQLとデータベースの使用例

商品の値段を調べるために、SQLを使用してデータベースからデータを取得し表示する。

商品のデータを追加するために、SQLを使用してデータベースにデータを追加する。

SQLの種類

SQLには種類があります。

種類 備考
DML Data Manipulation Language
データを操作します。
例:SELECT(データを取得する)、INSERT(データと追加する)、
UPDATE(データを更新する)、DELETE(データを削除する)
DDL Data Definition Language
データを定義します。
例:CREATE、DROP、ALTER
DCL Data Control Language
データを制御します。
例:GRANT、REVOKE、COMMIT、ROLLBACK

SQLの例

selectは、条件をつけてデータを取得できます。

データベースの種類

データベースも種類があります。

データベース名 分類 備考
Oracle RDB オラクルの製品
SQLServer RDB マイクロソフトの製品
MySQL RDB オープンソース
Postgresql RDB オープンソース
Access RDB マイクロソフトの製品
SQLite RDB パブリックドメインで軽量
DB2 RDB IBMの製品
MongoDB NoSQL MongoDB Inc.
BigTable NoSQL Google
DynamoDB NoSQL Amazon

データベースは、リレーショナルデータベース(RDB)とNoSQLがあります。

リレーショナルDBは、表の形式でデータを管理し表どうしを関連づけることができます。
NoSQLはリレーショナルDBのようなデータ同士の関連づけは行いません。大量のデータを扱うのに向いています。

参考:
https://ja.wikipedia.org/wiki/SQL

関連の記事

SQL INSERT文のサンプル
SQL UPDATE文のサンプル
SQL DELETE文とTruncate文のサンプル

△上に戻る