Excel マクロを記録して実行する方法

Excelのマクロを記録して実行する方法です。

目次

  • マクロを記録する
  • マクロを実行する
  • マクロのコードの表示

マクロを記録する

1.マクロを記録する手順です。
「表示」タブの「マクロ」をクリックし、「マクロの記録」をクリックします。

 

2.「マクロ名」を入力し、OKボタンを押すとマクロの記録が始まります。
「説明」の入力は任意です。

 

3.サンプルとして、B3のセルから縦に、1,2,3,4,5と入力します。

 

4.エクセルの左下に四角のアイコンがあります。これを押すとマクロの記録が終了します。

マクロを実行する

1.マクロを実行する手順です。
「表示」タブの「マクロ」をクリックし、「マクロの表示」をクリックします。

 

2.「マクロ名」で実行するマクロを選択し、「実行」ボタンを押します。
「説明」は、マクロを作成するときに入力した説明が表示されます。

 

3.マクロが実行され、自動でB3のセルから縦に、1,2,3,4,5が入力されます。

マクロのコードの表示

1.記録したマクロのコードを確認することができます。
「表示」タブの「マクロ」をクリックし、「マクロの表示」をクリックします。

 

2.対象のマクロを選択して「編集」をクリックします。

 

3.赤枠の部分が記録されたマクロのコードです。

関連の記事

Excel VBAのマクロを作成して実行する方法
Excel VBAのマクロをフォームコントロールのボタンに設定する方法
Excel VBAのマクロを図形に設定する方法
Excel VBAのマクロをクイックアクセスツールバーに設定する方法

プログラムでつまったらteratailに登録して質問しましょう!↓↓↓

△上に戻る