おすすめのビジネス系の本

おすすめのビジネス系の本です。

初速思考

著者は、SAPジャパン史上最年少の30歳で部長になった人です。
成果を出せる仕事の進め方を教えてくれます。
良かった箇所の概要
最初に見える結果を出すことに集中し、結果が出たらその成功要因を分析し展開する
避けたいのが何も行動せずに時間が過ぎること
経験を言葉へ落とし込むことで次の行動へつなげるようにする
他人から頼まれる内容を分析すると、他の人にはないあなたの強みであることがある

採用基準

著者は、元マッキンゼーの採用マネジャーです。
採用の視点から活躍する人材について考察しています。
良かった箇所の概要
リーダーとはチームの使命を達成するために必要なことをやる人
リーダー体験をつむことによって高い成果をだせるチームのメンバーになれる
解決法をみつけることと解決することは別。解決のためには、人や組織に関する深い洞察や感受性なども必要。
発言するときは、自分のポジションを取る。あなたの意見は何か。

自分のアタマで考えよう

著者は有名ブロガーです。考えるとはどういうことかを教えてくれます。
良かった箇所の概要
知っていると考えるはまったく別モノ。
ある情報から楽観的なことしか読み取れない、反対に悲観的なことしか読み取れないのは読み手に最初からバイアスがかかっているから。もともと知っていることに影響されている。
知識を保存するのではなく、知識を洞察につなげることのできるしくみとして思考の棚をつくる。これが考えるということ。
思考の棚の中に知識を整理していれこむことにより、個別の知識が意味を持ってつながり、全体として異なる意味が見えてくることがある。

最強マフィアの仕事術

著者は元マフィア幹部の人です。生き残るための知恵を教えてくれます。
良かった箇所の概要
計画がなければ、何事も成し遂げることはできない 。 見えない目標を達成することはできない
自分の周りを優秀な人物で固めれば彼らが金を稼いでくれる。しかも自分も優秀だと思われる
口は閉じておけ。自分の唇を警戒する者は自らの命を守る。軽率に口を開く者は身を滅ぼす
妥協すべき時もある。優先順位を決めて判断しろ。戦術的撤退は妥協であり、負けよりマシな結果が生まれる
話し合いの場では、遠回しな言い方は避けて問題点をクリアにし解決を図るのが一番 
交渉相手に対してつねに敬意を払え

30歳から読む韓非子

韓非子とは始皇帝を感激させたといわれる中国の書物です。リーダーとしての考え方を教えてくれます。
良かった箇所の概要
組織の良し悪しはすべてリーダーで決まる。人を育てる前に自分を律せよ
部下に徹底的に考えさせよ。才能をどれだけ引き出せるかでリーダーは決まる
リーダーが部下と能力ではりあうな。適材適所でフル活用せよ。徳将は部下のほうがすごい
自分と同格か自分以上の人間の中でリーダーシップを発揮するには能力ではなく人望がなければならない
評判の怖さを自覚しておく。3人が評すればそれで決定する

戦略的交渉入門

著者は「ハーバード流交渉学」を学び、日本での啓蒙に努めてきた第一人者です。
交渉の考え方、やり方について教えてくれます。
良かった箇所の概要
交渉前に準備する。考えなくてもいいところはどこか。その場で考える負担を減らす
賢明な合意とは自分の利益が最大限、反映されていること。相手に対してもメリットを提示することは可能。
BATNA(合意が成立しなかった場合の代替案)を考えておく
アンカリングに注意する。(最初に見た数値が印象に残り、それが基準点(アンカー)となってその後の判断が左右される心理現象)
交渉では、自分を守る最大の武器は自分の強みでしかない。交渉相手があなたと交渉したいのはあなたの強みに魅力があるから
 約束に留保を付ける。情勢の変化によって約束を守ることが大きな損失になることがある

関連の記事

使用しているおすすめのパソコンと周辺機器

△上に戻る