Java 絶対値を取得するサンプル(abs)

JavaのMathクラスのabsメソッドで、絶対値を取得するサンプルです。

目次

絶対値 絶対値を取得する(absメソッド)

絶対値を取得する(absメソッド)

public static double abs(double a)
public static float abs(float a)
public static int abs(int a)
public static long abs(long a)

コード

absメソッドのサンプルです。

package test1;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {

		double a = -2.26;
		System.out.println(Math.abs(a)); //2.26

		float b = -2.82f;
		System.out.println(Math.abs(b)); //2.82
		
		int  c = -2;
		System.out.println(Math.abs(c)); //2
		
		long  d = -2l;
		System.out.println(Math.abs(d)); //2
 	}
}

6行目は、double型の数値です。
9行目は、float型の数値です。
12行目は、int型の数値です。
15行目は、long型の数値です。
それぞれの各値についてabsメソッドで絶対値を取得しています。

関連の記事

Java べき乗を計算するサンプル(pow)
Java 切り上げのサンプル(ceil)
Java 切り捨てのサンプル(floor)
Java 四捨五入するサンプル(round)

△上に戻る